ダイアトニック世界一覧

コード感という感覚、ディグリーといった概念の導入から、3和音におけるダイアトニックについて各コードの役割・立ち振る舞いを確認していくよ。

[ダイアトニックコード]登場人物の整理

J-POPで学ぶ音楽理論!実際にJ-POP題材として『RPG/SEKAI NO OWARI』、『栄光の架橋/ゆず』、『Rusty Nail/X Japan』の楽曲耳コピと機能確認用アレンジ音源を聴いて、各種ダイアトニックⅠ,Ⅱm,Ⅲm,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵmの機能の確認をするよ。このブログではⅦdim(Ⅶm♭5)は4和音以上の章で分類するよ。

[ディミニッシュ/Ⅶ緩和案]うぎゃーだ、だれかー!!

コードのディグリーネームの中で他のコードとは異なる和音形式(dim)となるⅦについて、改めてdimの響きの確認とベース音にⅦが欲しい時の回避策をサンプル音源とともに確認するよ。3和音の世界では一旦回避策とし、今後4和音以上の中でⅦdim7やⅦm7♭5の形で使用するよ。

[ディグリー]音楽の世界観は骨格だけ見よう

今後の音楽分析、音楽理論習得、音楽人との交流等々で必要になってくるディグリーの考え方について、サンプル音源で妥当性を確認しながら学ぶ導入記事だよ。自分の作曲したものを音楽人に伝える上では避けて通れない?ってレベルの基本事項だよ。