メジャー化③Ⅱ:少しギラつく人

少しギラついて立つ人
LINEで送る
Pocket

前回から始まった新しい章「世界の変化(m⇔M系)」、前回までにⅥmをⅥに、ⅢmをⅢにに変化したときの世界、響きを感じたね。今回の主役はメジャーコード化の最後、Ⅱmだよ。Ⅱmをメジャーコードにしたらどうなるのか、是非キミの心の声を訊いてみよー!

スポンサーリンク

変化:Ⅱm→Ⅱ

音を聴いて心に訊いてみよー!

では早速聞いてみよー。お題は前回と同じで

F → Em → Am → Dm
→F → Em → Am → Am

で、ディグリーは

Ⅳ→Ⅲm→Ⅵm→Ⅱm
→Ⅳ→Ⅲm →Ⅵm →Ⅵm

の2回繰り返しだよ。

どう?耳に馴染んだら次に行くよ!次は

F → Em → Am → D
→F → Em → Am → Am

で、ディグリーは

Ⅳ→ Ⅲm → Ⅵm→
→Ⅳ→ Ⅲm → Ⅵm → Ⅵm

の2回繰り返しだよ。聴いてみよー!

どうだろう?キミの聴感で感じたことを覚えよう!ちなみに僕はこう聞こえたよ。

  • 明るい
  • 前向き
  • 少しトガって聞こえる
  • ギラギラしてる
Ⅱ7はジロっとぎらつく
Ⅱ7はギラッギラ☆

なぜこう聞こえるの?

これについての僕の見解はこうだよ。カッコ内はわかりやすさのためにCメジャーキーで書くね。

これまで見てきた概念で トーナルセンター というものがあったね。これは、「どこのコードにいても目指したくなる音」で、いわゆるキースケールの最初の音、トニック コード の ルート だね。(ド)

さて、このⅡ(D)が出現する前の世界は実はこの トーナルセンター にとって穏やかな世界だった。彼の 真裏 となる トライトーン 関係の音がなかったんだ。

しかしここにきて、Ⅱ(D)というコードに含まれるM3(ファ♯)の音、キースケールの♯ⅳ(ファ♯) の音が登場する。この音は トーナルセンター (ド)の真裏となる。この音が凄くトガって聞こえる原因だと思う。

3和音の章ではまだ触れないけど、この考え方は後々 リディアン というスケールでも同じようなトガった匂いを感じることができるよ。トライトーン is ツライトーン…

名称

このコード、よく使われるシーンとしては「Ⅴに強力に進行する」時に使われることが多いかな。Cメジャーキーで進行例を挙げてみると、ダイアトニックだと

Dm→G→C

という流れを

D→G→C

にする感じ。是非交互に弾いてみて。

このD→Gは、属調のⅤ→Ⅰの進行のようにも見て取れる。五度圏を見てみて。DはGキーのⅤになってる(GをⅠの場所に置いたとき、DがⅤの場所)でしょ?

そこで、このⅡのことを

ドッペルドミナント

5度下降
5度下降

って呼ぶことが多いよ。ドッペルというのはダブルって意味。ダブルのドミナント、つまりドミナントⅤに対して5度上のドミナントのようなⅡっていうイメージ。5度上を連ねていくと…うん、ほかでも実はできるんじゃない?って感じだね!それは セカンダリ―ドミナント って言うんだ。Ⅱのときだけの特別な名称が ドッペルドミナント だよ。また別の記事で!

余談

耳コピのすゝめ(Ⅱ篇)

Ⅵ、Ⅲでも書いたようにⅡも同様 ダイアトニック 外のコード。「ギラっとした!?」「強くⅤに進行したな」な~んて感じたらほぼⅡ系のコードだよ。そこを頼りに楽曲の全体像が見えるね。

ちなみに

このⅡは属調からの借用ケースが多いよって話だけど、もちろんほかの特殊な状態ってこともある。 平行同主調 のⅣとかもできそう。Cメジャーキーから見たときの、AメジャーキーのDを借りる感じだよ。

でもま、覚える必要ないから、何か変な響きを感じたら都度紐解いてみよー!

参考作品

今後「」のタグで分析記事が増えていく(予定だよ)!あ、そういえば過去分析記事でこのⅡの聞き比べをした作品あるから、是非聞いてみて。HANABI/Mr.childrenの①イントロ篇だよ。こんな動画:

まとめ

今回はⅡmのメジャーコード変化、Ⅱについて聴いて心に訊いてみたよ。僕の言葉で整理するとこう!

  • ギラつく明るさ、少しトガってる
  • 属調のドミナント借用が多く、Ⅴに進行すると強力
  • ドミナントⅤへのドミナントとして ドッペルドミナント と呼ばれがち
  • 他の調借用ケースは、平行同主調とかもある。響きが気になった時に都度紐解くくらいで暗記は不要!

キミにはどう聞こえたかな?キミはキミの聴感・言葉で整理してね。

それじゃーね!

読んでくれてありがとー! ↓ よければランキングや広告ポチもお願いします!
  にほんブログ村 音楽ブログ 耳コピー・採譜へ  にほんブログ村 音楽ブログへ

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

フォローする