【後編】[背景スケール変更]ハナヤマタOP-花ハ踊レヤいろはにほ/作曲-田中秀和(サビ篇)

LINEで送る
Pocket

さて前回の[背景スケール変更]ハナヤマタOP-花ハ踊レヤいろはにほ/作曲-田中秀和(サビ前篇)では、なんともそっけないダイアトニックコードによるコード進行を、背景スケール変更+αを駆使してエモエモのエモに変更したね。まだの人は上のリンクから読んでみてね!今回はその後半戦だよ!

スポンサーリンク

楽曲情報

お題はハナヤマタというアニメのOP作品、花ハ踊レヤいろはにほだよ。

作曲者田中秀和で、調は、冒頭はFmだよ!今回は動画の見やすさのためにCに直してるからそのつもりで見てみてね。

原曲(原曲とは言ってない)

テーマ作品のリバースアレンジング

前回同様、アレンジ前のコード進行を書くよ!と言っても、本当に原曲がこうだったか、ってのはわからない。あくまで簡単なダイアトニックでどうかってところをスタート地点にするよ!

ⅣM7 ②ⅣM7 ③Ⅲm7 ④Ⅵm7
Ⅱm7 ⑥Ⅲm7 ⑦Ⅵm7 ⑧Ⅴ7
ⅣM7 ⑩ⅣM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵm7
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

前回は①~⑧を見たので、今回は⑨~⑯だよ。聴いておこー。動画は29秒から45秒だよ。

エモくアレンジしていく

⑨小節目の変更(⇒リディアン)

ⅣM7 ⑩ⅣM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵm7
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

前回の①~④と同じ流れ。ここでは変化をつけていきなり傾斜した尖りからスタートさせてみよー!さて尖らせるには…?

リディアン !(ドリアン!)

コードはルートだけが上がる形で、

ⅣM7   ={}

♯Ⅳm7♭5={♯ⅳ}

になって、響きはこうなるよ↓動画は45秒から1分8秒

コードはこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵm7
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑩小節目の変更(⇒HM-s)

続いて⑩を陰らせよう。これはもう慣れたね、陰りと言えば ハーモニックメジャー で、 ハーモニックメジャー の上でⅣM7は次のように変化する

ⅣmM7

ってことで聴いてみよー!動画は1分8秒から1分30秒

うん、ばっちり。コード進行はこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵm7
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑫小節目の変更(⇒ピカルディの3度)

続いて、⑫を明るくしてみよー!それも優勝!ってくらいに。お手軽優勝と言えば、ピカルディの3度でⅥ!ってことで聴いてみよー。動画は1分30秒から1分54秒だよ

うん、明るくなった。聞こえたかな?ちょっと

特性音の♯ⅰ

の音を弱めにしたから微妙だったかな?コード進行はこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7 ⑫
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑫小節目の変更(⇒ドミナント化)

でもまだサビは道半ば!ここは 終止感 ではなく次に繋げたいね。コード理論的に、ここを セカンドリドミナント 化してみると、

Ⅵ7 → ⑬Ⅱm7

これは下属調で見ると

Ⅲ7 → ⑬Ⅵm7

短調の強いドミナントモーション!うまいこと繋がるね。一応五度圏を見ておくと、CキーでのⅥm-ⅡmのAm-Dmの場所はFキーから見るとⅢm-Ⅵmだね。

聴いてみよ―。動画は1分54秒から2分18秒だよ。

コードはこうなったよ。

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵ7
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑫小節目の変更(⇒ミクソリディアン×Hm-s)

さっきのコード変化は、キースケールとしてミクソリディアン状態、つまり下属調の世界の出来事を借りてる状態だね。今いる世界で言うと、

Ⅱm

を短調トニックの

Ⅵm

に見立ててる状態。さて、ここでぐっと引き締めたいなって思ったら背景スケールは何がいいかな?

…そう!ここまででも何回も使った ハーモニックマイナー だね。この下属調の中で変えてみよう。

ハーモニックマイナーの特性音と言えば

Ⅲ7 ={♯ⅴ}の中の ♯ⅴ

だよね。この下属調の出来事を元の調のディグリーで見ると

Ⅵ7 ={♯ⅰ} の中の ♯ⅰ

だけど、あれれ。既に登場してるね。ほかに特徴はというと…?

そう、この特性音の1個下の音までの距離が、半音3つ離れている異常な インターバル だってこと。この音があれば ハーモニックマイナー らしさが出るはず!具体的に、下属調の世界での音は

♯ⅴの半音3つ下:

が特徴的。これを元の調のディグリーで見ると

♯ⅰの半音3つ下=♭ⅶ

だね。これもメロディやコードで鳴らしちゃおう。コードはどうなるかと言うと

Ⅵ7(♭9)

になる。メロディが奏でている

もこのスケールに乗せちゃうと

♭ⅶ♭ⅶ♭ⅶ

になるね。さぁ聴いてみよー!動画は2分18秒から2分42秒だよ。

どう?引き締ったかな。コード進行はこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7 ⑫Ⅵ7(♭9)
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑪小節目の変更(⇒2-5 on ミクソリディアン(×Hm-s))

ここまででもいい感じにエモくなったと思うけど、少し強調してつないでいこー。具体的には、エモい⑫へナイスなパスを⑪から出すんだ!ナイスなパス(進行)と言えば…5度下降!短調のドミナント化してるから、それに向けた 2-5 なんていいね!

今、⑫は下属調の短調ドミナント状態だから、これに対する2-5の2と言えば?

Ⅶm7♭5

だね。これを元の調で書きなおすと

Ⅲm7♭5

だね。キースケールは ミクソリディアン の下属調状態だけど、 コードスケール は ロクリアン で、なんともきっっっつい空気だ。ちょっと聴いてみて。動画は2分42秒から3分5秒だよ

どうかな?キツめだよね。ん?なんだか⑫に向けて先に引き締っていい感じに進行してる?

ここはね、2-5を決めたってこともあるけど、実はこのコードはさっき⑫で背景スケール変更した ハーモニックマイナー に乗っけた状態の変形コードと見ることもできるんだ。

言い方を変えると、⑫での背景スケール変更を、1小節前の⑪で既に変更した形だ。 ぐぐぐっと⑪で引き締って、いい感じに ハーモニックマイナー 上で2-5を決めた形だよ。コード進行はこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7♭5 ⑫Ⅵ7(♭9)
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮  ⑯Ⅴsus4

⑮小節目の変更(⇒エオリアン=同主調)

さて最後の4小節。ここはアレンジ段階ではなく、正直作曲段階でのコードチョイスだと思うけど一応アレンジしてるていで書くよw

コード進行として、大枠は

Ⅱm

から始まる上行の順次進行。まさに駆け上がって最後にトニックの主題を掲げてゴールする形だ。

この⑮をふわっと少し優しく広げたい、でも陰らせたくはない。ハーモニックメジャーは陰っちゃうからだめだね。優しい感じとなると♭方向なんだけど…

はい、こんなときは エオリアン 行ってみましょー!状態としては、同主調からの借用。聴いてみて。動画は3分5秒から終わりまで!

うん、いい感じになったね。コード進行は最終的にこうなったよ↓

♯Ⅳm7♭5 ⑩ⅣmM7 ⑪Ⅲm7♭5 ⑫Ⅵ7(♭9)
Ⅱm7 ⑭Ⅰ6/Ⅲ ⑮Ⅳm7  ⑯Ⅴsus4

次回

次回は、今回の記事を書くにあたって実施した、分析手法を紹介するよ。その名も背景スケール分析!

それじゃーね!

読んでくれてありがとー! ↓ よければランキングや広告ポチもお願いします!
  にほんブログ村 音楽ブログ 耳コピー・採譜へ  にほんブログ村 音楽ブログへ

LINEで送る
Pocket