[耳コピ楽曲分析]HANABI/Mr.Children(①イントロ篇)

[楽曲分析]HANABI(Mr.Children)①イントロ篇
LINEで送る
Pocket

実際のヒット曲で学ぶ音楽理論だよ!キミの音楽理論で整理した武器で楽曲を分析し、得られた知見をキミの音楽理論にフィードバックしてレベルアップいくんだ!

コード進行は「楽曲情報」ウィジェットで好きな調に移調できるから、分析やコピー演奏の際の参考に活用してみてね!

過去に耳コピ+分析した作品たちは カテゴリ検索 または 目次(手動更新のため不定期) から参照できるよ。それではいってみよー!


スポンサーリンク

楽曲情報

さて第1回!アーティストMr.Childrenで、楽曲名は、HANABIだよ。この曲の調は、Dbだよ!まずは①イントロ篇!

本作品の記事は以下だよ!

概要・ポイント

イントロ

コード進行とポイントはこんな感じかな。

①| Ⅵm     |  
②|   Ⅱ7  | Ⅴsus4 Ⅲ7 
③| Ⅵm     |    
④|   Ⅱ7  | Ⅴsus4   〃
⑤|   〃

  • ①、③は安定の小室進行(6451)
  • ②、④のドッペルドミナント(Ⅱ7-Ⅴsus4)のギラつき
  • ブロック(①、②…)の間のまたぎはドミナントモーションでスムース
  • sus4はすべて解決し小満足感

かな。詳細は以下!

ディグリー分析(トライアド+α)

イントロ

まずはイントロから!記事の補足動画は解説が早いので、以下の記事を読んでから一時停止しながら参照推奨だよ!

①| Ⅵm     |  
②|   Ⅱ7  | Ⅴsus4 Ⅲ7 
③| Ⅵm     |    
④|   Ⅱ7  | Ⅴsus4   〃
⑤|   〃

イントロは上のとおり!さらっとポイントだけ流すよ(動画開始~46秒まで)

それでは詳細に見ていこー!


①| Ⅵm     |  

図:6451進行の指板図

王道な6451の流れだね。別名小室進行で知られる、“切ないけどポジティブに向かうような気持ち”にさせてくれる進行だ。ギターやベースの指板の動きは右図のとおりだね。

このコード進行の各ディグリーを言葉にすると僕はこんな感じかな?(動画:47秒~1分22秒)

Ⅵm:切ない始まりを Ⅳ:受けて Ⅴ:テーマへ走って Ⅰ:明るくゴール!


②|   Ⅱ7  | Ⅴsus4   Ⅲ7

一旦①の最後でトニック(Ⅰ)に到着し、再スタート感のあるⅣから開始だね。ここは

  • Ⅰ→Ⅳのドミナントモーション
  • 小節頭のⅣという“始まり感”

がポイント!(動画1分23秒~1分32秒)


図:指板25モーション

次のⅡ7→Ⅴsus4は、いわゆる2-5(トゥーファイブ、Ⅱm7→Ⅴ7の形が一般的かな)の動きなんだけど、その変形だね。詳しく見ていこう。

まずⅡmやⅡというポジションにとって、Ⅴは最高に進みたい方向だね。Ⅴはルート単音で見て5度下(ドミナントモーション先)だ。

図:指板5度下降の方向

そしてⅡ7は3和音のⅡ自体がマイナーコード(Ⅱm)のメジャーコード化ダイアトニック外だ。Ⅱmをメジャーにすることでギラつき(キースケールから見るドリアン/リディアンのきつさ)が出てきて、次のコードⅤへの進行力/移動したさは強くなるね。これがセカンダリドミナントの一種、ドッペルドミナントだ。

図:M3とm7インターバル

また、m7をつけるとメジャーコード化したときのM3rdの音とこのm7がトライトーン(不協和音の1つ)関係になる(ドミナントセブンス化する)ので、更に次のコードへの進行力/移動したさが強まるね。最ッッッ高にⅤに行きたい状態になっちゃうわけだ。(別にルールじゃないんだしⅤに行かなくてもいいよ、ただ行ってみたら他のどのコードよりも気持ちのいい解決感に酔いしれちゃうってだけだよ)

効能的なことだけをまとめると

  • ⅡmやⅡの行きたい方向はⅤ
  • ⅡmがⅡになるとギラつく
  • ⅡがⅡ7になるとキツさが増して移動したくなる
  • 結果「Ⅱ7によりギラついてⅤへ凄くいきたい状態」になる

Ⅱm7がⅡ7となってギラつく様子を確認してみて。(動画1分32秒~2分19秒)


さて2-5の後半、Ⅴ7側の詳細だよ。ここをⅤ7で受けちゃうとまじめ君過ぎて「うわ、あいつ避けずに真正面から受けちゃったよまじか…」な少しダサさが出ちゃうんだ(人による←)。これをVsus4にすることで、ちょっとすかした感じで受けてるね。

そしてこれが実は別の伏線を張ってたりもするんだ。〇sus4は元の〇コード(または〇マイナーコード)の3番目の音を、スケール上一つ上の音に引っ張り上げたコード。Cだったらミの音をファにした状態がCsus4。引っ張り上げたからには戻したくなるんだな(Cだったらファからミに戻したい)。今回のケースで具体的には

Vのsus4で上げたを半音下のに戻してくれ頼む!!

って状態を生んでる。sus4のサスペンド引力だね。(ⅰ~ⅶは調から見たディグリーで記載してるよ)。注意が必要なのはコードとしてⅤに戻りたいって話ではなく、単音として上記の音が欲しくなってる状態ってこと。はたして欲しかった音はもらえるのか…

次のコードはⅢ7!構成音は

Ⅲ7 = ♯ⅴ … 来たー!!

ってなわけでⅢ7の中で期待の音がもらえて無事sus4は解決したわけだ!あーカタルシス!(動画2分19秒~2分36秒)


さてさりげなく解決してくれたⅢ7だけど、これもダイアトニック外だね(Ⅲmがダイアトニックコード)。これは平行短調トニックのⅥmへのドミナントコードだ。先ほどのⅤのsus4をⅢの5thでうまく解決しつつ、トニックⅠに行きたいⅤの欲求(ドミナント力)をそのまま短調トニックⅥmに飛びたいⅢの力に転換、つまり長調から短調へとエネルギーの方向転換をしたわけだ。

そして待ち構えていたのは…(動画2分36秒~2分53秒)


③| Ⅵm  |   |     |  

②の最後のⅢの引っ張り/ドミナント感が効いてうまく、そして強く③冒頭の最初のⅥmに帰着したね。最強のドミナントモーション!あとは①と同じ。


④|   | Ⅱ7  | Ⅴsus4  | 〃
⑤|   | 〃

②と同じ。④最後のⅤsus4で先ほどの2倍長く引っ張り焦らして

Vのsus4=持ち上げられたは早く に落ちて

感ばっちり!そこに⑤の

 (3rdは !)

これにて完全解決!それに加えてこのこはⅤですから

トニックへ行こう、さぁ物語を始めよう!

感でAメロへのお膳立てばっちりだね。sus4で一度焦らした挙げ句にAメロ冒頭で

上がりの

から始まったら最高じゃん?…って本当に始まるんですよこれが。最高っすね!

…っと一旦ここまで!まとめ

初回だからなのか、熱が入りすぎてイントロだけで結構な文量になっちゃったね、次回以降もうちょっとスリムにするかなー。

要点を整理するよ!

  • 小室進行(Ⅵm – Ⅳ – Ⅴ – Ⅰ)
  • 前コードⅠ&小節頭Ⅳの始まり感
  • Ⅱ7 – Ⅴsus4:2-5モーションの変化系
  • Ⅱのギラつき、Ⅱ7のキツさ感
  • Ⅴsus4の一旦スカした感
  • Ⅴsus4のⅢ7による解決
  • Ⅴsus4のⅢ7によるドミナント力の方向転換(長調短調)
  • 次のブロック(Aメロ)に向けてドミナント準備して終わる

今回は一旦ここまで!それではまたね!

読んでくれてありがとー! ↓ よければランキングや広告ポチもお願いします!
  にほんブログ村 音楽ブログ 耳コピー・採譜へ  にほんブログ村 音楽ブログへ

LINEで送る
Pocket